BLOG/カラスにえさをやる人

さあ、パンでもお食べ。

「ぎょうさん撒いてくれんるですね。」

え、刷毛を使ってパンで画面をこするの?

そうそう、絵の具や和紙に傷をつけないよう慎重にね。

パン粉が画面の汚れを吸収して、こんなに真っ黒に。

「うわっ、こんなホコリまみれののパンは食べられへんわ〜」

別れた2人も無事に復縁。


仕上げに115年のホコリを落としてあげました。

BLOG/自分で表装 on パネル

BLOG/思い出の帯 本間四曲帯地貼交屏風

関連記事

  1. BLOG / 京表具教室 横被(おうひ)

    BlOG / 京表具教室もちろん手の消毒窓は全開、…

  2. BLOG/虐待を受けた猫!?

    「いえいえ、飼い主さんは大切にしてくださいましたよ。」でも…

  3. 仕事/WORKS 障子・あかり

    「障子・あかり」京町家では中庭に面した縁側の障子が、うなぎ…

  4. BLOG/自信と責任と誇り

    屏風の修復をご依頼いただきました。縁を外すと明治25年4月23日と…

  5. BlOG / 壁に和紙を張る

    BlOG / 壁装45cm×30cmに切った(こうぞ)紙の周りだけ…

  6. BLOG/いまどこ 皐月

    季節をかざるプチ床の間 いまどこ。皐月の床かざりは、大将人形の「か…

  7. “I’m hinge”

    “I’m hinge”「私が蝶番です。」デザイナーの山崎正人さんが…

  8. 仕事/WORKS 襖

    「襖(ふすま)」 室内の大きな面積を占める襖は、和紙や織物…

PAGE TOP