BLOG/カラスにえさをやる人

さあ、パンでもお食べ。

「ぎょうさん撒いてくれんるですね。」

え、刷毛を使ってパンで画面をこするの?

そうそう、絵の具や和紙に傷をつけないよう慎重にね。

パン粉が画面の汚れを吸収して、こんなに真っ黒に。

「うわっ、こんなホコリまみれののパンは食べられへんわ〜」

別れた2人も無事に復縁。


仕上げに115年のホコリを落としてあげました。

BLOG/自分で表装 on パネル

BLOG/思い出の帯 本間四曲帯地貼交屏風

関連記事

  1. BLOG/京表具教室 茶掛 短冊台表具

    昨年春から始めた京表具教室。コロナ騒動で、4人のモニタークラスのみ…

  2. BLOG/お茶屋さんの内緒ばなし

    「ここでは言えしまへんけど、政(まつりごと)やお商売、色恋のお話も…

  3. BLOG/京手描友禅 on petit 屏風

    過日京都手描友禅協同組合青年会さんの講習会にご招待いただきました。…

  4. BLOG/別れた2人からの相談

    「戊申(つちのえ さる)」115年前のカップル。どこへ行く…

  5. “I’m hinge”

    “I’m hinge”「私が蝶番です。」デザイナーの山崎正人さんが…

  6. BLOG/受け継ぐ

    江戸時代の国学者で歌人の賀茂真淵(かものまぶち)の和歌です。…

  7. BLOG/愛染め

    お客さまが麻に染められた藍染。「水の流れ」がテーマの4枚の作品です。…

  8. BLOG/算数

    (「お客様の書作品」+ 「水彩の図案」+「…

最近の記事

PAGE TOP