BLOG/対峙する龍

雲間の深い闇の奥ゆき。

闇からのぞく胴体のうねり。

もくもくと湧きたつ雲の立体感。

風のうごきを感じさせるひげの躍動感。

深い彫り、眉間のしわと鋭い眼光。

眼下の敵に堂々と対峙する龍が勇壮に描かれています。

屏風は1隻(せき)2隻と数え、

左隻右隻の2隻がペアとなり1双(そう)と呼ばれます。

威嚇する虎でご紹介した左隻の虎図屏風の右隻には

こちらの龍が対峙していました。

さて、この屏風を平たく広げてみると

やはり間延びして、龍が可愛らしく、滑稽にさえ見えます。

この龍図屏風は、虎図が私の手元に来る前に離ればなれになり

海外の日本美術愛好家のもとへ渡り、写真が残るばかりです。

虎も龍もライバルを失い、こころなしか寂しそうな表情に見えるのは気のせいでしょうか。

BLOG/威嚇する虎

BLOG/いまどこ 皐月

関連記事

  1. BLOG/書×タイシルク×屏風

    米国人のJIM THOMPSONが育てあげた手織りのタイシルクは、…

  2. BLOG/威嚇する虎

    江戸時代の本間6曲『虎図屏風』です。踏ん張った後ろ脚の力強…

  3. BLOG/誰が袖(たかそで)屏風

    お子さんのお宮参りの着物を解いた反物です。記念に屏風として残してお…

  4. BLOG/東寺の縁日

    京都の東寺では毎月21日に市が開かれ「弘法さん」と呼ばれ多…

  5. BLOG/先生のお茶会 

    版画家の池垣タダヒコ先生からエッチングの作品を風炉先(ふろさき)屏…

最近の記事

PAGE TOP