“I’m hinge”

“I’m hinge”「私が蝶番です。」

デザイナーの山崎正人さんが、紙蝶番を”I’m hinge”という文字にデザインしてくださいました。


鎌倉時代にその原型ができたといわれる屏風のつなぎ目、「蝶番(ちょうばん)」。


私たちの大先輩が考案された手品のように不思議で高度な技術は、今も受け継がれています。
金具や紐を使わず、薄くて強靭な和紙で組まれた紙蝶番が360度開閉させる屏風の核心技術です。

表面には雲肌の鳥の子、裏面には英字新聞を張ったパネルを、最後にデザインされた蝶番で組んでいきます。


屏風が仕上がってしまうと見えないところに隠れてしまうのですが、


黒子役の技術の妙を知ってもらおうと、紙蝶番に自己主張させた30代に作った作品です。

BLOG/京表具教室 書をかざる

BLOG/京手描友禅 on petit 屏風

関連記事

  1. BLOG/東寺の縁日

    京都の東寺では毎月21日に市が開かれ「弘法さん」と呼ばれ多…

  2. BLOG/思い出の帯 本間四曲帯地貼交屏風

    「お気に入りは、白地に水色の帯。6月、水が恋しくなった頃からお茶会に行くの…

  3. BLOG/威嚇する虎

    江戸時代の本間6曲『虎図屏風』です。踏ん張った後ろ脚の力強…

  4. BLOG/Petit 屏風 ワークショップ

    大原和服専門学園(奈良市)でpetit(小さくてかわいい)屏風作りのワーク…

  5. 仕事/WORKS 屏風

    「屏風」「風(かぜ)を屏(ふせぐ)」は、単なる風除けでなく…

  6. BLOG/愛染め

    お客さまが麻に染められた藍染。「水の流れ」がテーマの4枚の作品です。…

  7. BLOG/カラスにえさをやる人

    さあ、パンでもお食べ。「ぎょうさん撒いてくれんるで…

  8. BLOG/対峙する龍

    雲間の深い闇の奥ゆき。闇からのぞく胴体のうねり。も…

PAGE TOP