BLOG/先生のお茶会 

版画家の池垣タダヒコ先生から

エッチングの作品を風炉先(ふろさき)屏風にしてほしいと依頼を受けました。

スペインの広告の上に摺られたという

幾何学模様とヴィヴィッドな色合いの楽しい版画です。

風炉先屏風はお茶席に使う屏風で

寸法や仕様にいろいろ約束事があるのですが

伝統的なカタチの中に、西洋生まれの版画の雰囲気を

どのように生かしたデザインにするか、楽しみながら悩みます。

作品の周りに5厘(1.5mm)幅の筋を入れ、

版画を邪魔することないよう薄い白茶の無地の裂地を張ります。

全体を真っ赤な漆塗りの縁で締め

パール(艶消しの銀)の隅金物をアクセントに使います。

版画と同じデザインでお茶碗や香炉も作られており

遊び心満載できっと楽しいお茶会になったことだと思います。

先生の楽しいお茶会のお手伝いが、

自分にっても楽しい仕事になりました。

BLOG/和綴じ本

BlOG / 壁に和紙を張る

関連記事

  1. BLOG / ひび割れた大地

    長年お座敷を見守ってきた絵。画家だった曾祖父さまが描かれた…

  2. BLOG / 京表具教室 横被(おうひ)

    BlOG / 京表具教室もちろん手の消毒窓は全開、…

  3. BLOG/京表具教室 茶掛 短冊台表具

    昨年春から始めた京表具教室。コロナ騒動で、4人のモニタークラスのみ…

  4. BLOG / 障子・あかり

    BlOG / 障子・あかり楮(こうぞ)和紙を広げて、と。…

  5. BLOG/東寺の縁日

    京都の東寺では毎月21日に市が開かれ「弘法さん」と呼ばれ多…

  6. 算数

    (「お客様の書作品」+ 「水彩の図案」+「…

  7. BLOG/和綴じ本

    古い絞りの着物「春 」「夏」「 秋 」「冬」「 心」…

  8. BLOG/いまどこ 弥生

    いまどこ 弥生の床飾りは、セラミック人形作家、増田妃都峰先生のお雛さんを飾…

最近の記事

PAGE TOP