BLOG/戦禍を逃れた小袖

「空襲で全てが焼け、残ったのはこの小袖だけなんです。」

戦禍を逃れたこの小袖を残したいとご相談をいただきました。

シミや破れ、刺繍の解けなどを綺麗にし、「ええとこ取り」して屏風に仕立てます

越前鳥の子大礼紙に金で縁取りした小袖を張る

溜め色の艶消し漆の縁を付け


銀の艶消し、流線の隅金物で引き締めます


裏面には松竹梅の引っ掛け紋様の越前鳥の子紙

下張りには屏風を湿気から守るため幾重にも和紙を張り重ねます

本、メジャーポールの画像のようです

伝統的な材料と技術で作られた屏風は、国の伝統的工芸品に認定されます

お客様に
「可愛く上品に仕立てていただき、家宝にします。」と喜んでいただきました。

表具師としてこの上ない喜びです。
ありがとうございます。

BLOG/おぼろ月

BLOG/壁装 柊屋旅館 ①現場調査

関連記事

  1. BLOG/対峙する龍

    雲間の深い闇の奥ゆき。闇からのぞく胴体のうねり。も…

  2. BLOG/思い出の帯 本間四曲帯地貼交屏風

    「お気に入りは、白地に水色の帯。6月、水が恋しくなった頃からお茶会に行くの…

  3. BLOG/Petit 屏風 ワークショップ

    大原和服専門学園(奈良市)でpetit(小さくてかわいい)屏風作りのワーク…

  4. BLOG/愛染め

    お客さまが麻に染められた藍染。「水の流れ」がテーマの4枚の作品です。…

  5. 仕事/WORKS 屏風

    「屏風」「風(かぜ)を屏(ふせぐ)」は、単なる風除けでなく…

  6. BLOG/書×タイシルク×屏風

    米国人のJIM THOMPSONが育てあげた手織りのタイシルクは、…

  7. “I’m hinge”

    “I’m hinge”「私が蝶番です。」デザイナーの山崎正人さんが…

  8. BLOG/タイムカプセル 小野田清吉くん

    小野田清吉くん、か。岩手県の地理を勉強しているので、東北の…

最近の記事

PAGE TOP