BLOG/タイムカプセル 小野田清吉くん

小野田清吉くん、か。


岩手県の地理を勉強しているので、東北のこどもかな?


なになに、


「日曜日にお父さんと散歩に出かけた。」


「すすきや稲が風にふかれ、その音にすずめが驚いてたいそう面白かった。」と、

「良」をもらった作文。


旧仮名使いだったり「天皇様」と記載されていることから戦前のものでしょう。


和紙は貴重だったので、屏風や襖には不要になった帳面などが再利用されています。


古い銀屏風をめくって出会った小野田清吉くん、いえ、ご存命なら90歳くらい。


小野田清吉さん、お元気ですか?

お正月 in いまどこ@仙台

BLOG/別れた2人からの相談

関連記事

  1. BLOG/別れた2人からの相談

    「戊申(つちのえ さる)」115年前のカップル。どこへ行く…

  2. BLOG/対峙する龍

    雲間の深い闇の奥ゆき。闇からのぞく胴体のうねり。も…

  3. BLOG/東寺の縁日

    京都の東寺では毎月21日に市が開かれ「弘法さん」と呼ばれ多…

  4. BLOG/先生のお茶会 

    版画家の池垣タダヒコ先生からエッチングの作品を風炉先(ふろさき)屏…

  5. 仕事/WORKS 屏風

    「屏風」「風(かぜ)を屏(ふせぐ)」は、単なる風除けでなく…

  6. BLOG/愛染め

    お客さまが麻に染められた藍染。「水の流れ」がテーマの4枚の作品です。…

  7. BLOG/戦禍を逃れた小袖

    「空襲で全てが焼け、残ったのはこの小袖だけなんです。」戦禍を逃れた…

  8. BLOG/書×タイシルク×屏風

    米国人のJIM THOMPSONが育てあげた手織りのタイシルクは、…

最近の記事

PAGE TOP