BLOG/飛花

風細飛花相逐

  風細かにして飛花相ひ逐ひ

林深啼鳥時移

  林深く啼鳥、時に移る

陸游という南宋の詩人の詩です。

スタイリッシュに、風に舞う花びらのように流れるような運筆。

赤や青、緑の刺繍を散りばめた竹屋町裂と薄桜色の絹絓(しけ)で書を覆い

花びらを透かしたパールの金軸で装います。

富山県は高岡にあるお客様のご実家に飾ったと、写真を送ってくださいました。

富山はこれから桜が満開だそうです。

BLOG/京表具教室 茶掛 短冊台表具

BLOG/虐待を受けた猫!?

関連記事

  1. BLOG/◯△□

    「◯△□」は天保時代の仙厓(せんがい)禅師の書。一説には森…

  2. BLOG/東寺の縁日

    京都の東寺では毎月21日に市が開かれ「弘法さん」と呼ばれ多…

  3. BLOG/タイムカプセル

    日本古来の和釘。墨で書かれた印。使…

  4. BLOG/いまどこ 弥生

    いまどこ 弥生の床飾りは、セラミック人形作家、増田妃都峰先生のお雛さんを飾…

  5. BLOG/新時代の工芸2021

    「京都市伝統産業つくり手支援事業」のご支援をいただいた「いまどこ」。…

  6. ONLYLOVERADIO 出演

    FM KYOUTO @ステーション “ONLYLOVERADIO “に出演…

  7. BLOG/葡萄美酒夜光杯

    「美味しい葡萄酒を満たす夜光の盃」書展に出品するうちの奥さんの作品…

  8. BLOG / 障子・あかり

    BlOG / 障子・あかり楮(こうぞ)和紙を広げて、と。…

PAGE TOP