BLOG/いまどこ 弥生

いまどこ 弥生の床飾りは、セラミック人形作家、増田妃都峰先生のお雛さんを飾りました。

金屏風の代わりに縦型の「いまどこ」をバックにします。

ぼんぼりのように透かしのあかりを灯します。

一輪挿しには桃の花。

人形や桃の花を飾っていると、お雛さんに憧れる女の子の気持ちがわかる気がします。

うちにも1人女の子が欲しかったな〜

BLOG/いまどこ 如月 

BLOG/京表具教室 茶掛 短冊台表具

関連記事

  1. BLOG/和綴じ本

    古い絞りの着物「春 」「夏」「 秋 」「冬」「 心」…

  2. BLOG/いまどこ 葉月

    季節をかざるpetit床の間 いまどこ葉月は、かずみさんの…

  3. BLOG/東寺の縁日

    京都の東寺では毎月21日に市が開かれ「弘法さん」と呼ばれ多…

  4. BLOG/いまどこ 如月 

    裏庭にうぐいすが来ています。「梅にうぐいす」は定番の取り合…

  5. BLOG / 横被(おうひ)

    BlOG / 額ほとんど作る機会はないのですが、縦…

  6. BLOG/いまどこ Xmas

    表具教室の生徒さんが飾ってくださいました。床の間にXmas…

  7. BLOG / いまどこ

    BlOG / NEW WAVE畳むといちょうの葉のかたち。…

  8. BLOG/お茶屋さんの内緒ばなし

    「ここでは言えしまへんけど、政(まつりごと)やお商売、色恋のお話も…

PAGE TOP