BLOG/いまどこ 弥生

いまどこ 弥生の床飾りは、セラミック人形作家、増田妃都峰先生のお雛さんを飾りました。

金屏風の代わりに縦型の「いまどこ」をバックにします。

ぼんぼりのように透かしのあかりを灯します。

一輪挿しには桃の花。

人形や桃の花を飾っていると、お雛さんに憧れる女の子の気持ちがわかる気がします。

うちにも1人女の子が欲しかったな〜

BLOG/いまどこ 如月 

BLOG/京表具教室 茶掛 短冊台表具

関連記事

  1. BLOG/和綴じ本

    古い絞りの着物「春 」「夏」「 秋 」「冬」「 心」…

  2. BLOG/いまどこ Xmas

    表具教室の生徒さんが飾ってくださいました。床の間にXmas…

  3. BLOG/京表具教室 茶掛 短冊台表具

    昨年春から始めた京表具教室。コロナ騒動で、4人のモニタークラスのみ…

  4. BLOG/カラスにえさをやる人

    さあ、パンでもお食べ。「ぎょうさん撒いてくれんるで…

  5. BLOG/先生のお茶会 

    版画家の池垣タダヒコ先生からエッチングの作品を風炉先(ふろさき)屏…

  6. BLOG/タイムカプセル 襖の下張

    なになに?「明治6年5月6日午前1時過ぎに皇居が炎上し、聖…

  7. BLOG/いまどこ for 神棚

    天平雲の透かしがある vertical type の petir床の間 い…

  8. BLOG / ひび割れた大地

    長年お座敷を見守ってきた絵。画家だった曾祖父さまが描かれた…

PAGE TOP