BLOG/表具教室 横被 2

京表具講座中級編 

木村栖翠先生の版画、堀翠恵先生の書作品を横被に仕立てる後編です。

本紙・周りを飾る裂地を繋いでいく「付け回し」

付け回して1ピースになった掛軸の裏から、宇陀紙を裏打ちする「総裏」の行程です。

毛布の上で乾かす「素干し」

素干しして乾かしたものを湿らせて、「仮張り」に張りピントさせます。

左右に表木というかまぼこ型の木と紐をつければ仕上がりです。

横被仕立てについては

BLOG / 横被(おうひ)

BLOG / 京表具教室 横被(おうひ)

BLOG/受け継ぐ

関連記事

  1. 仕事/WORKS 京表具教室

    説明文書画などご自分の作品を掛軸や屏風などに仕立てる少人数の京表具…

  2. BLOG/京表具教室 茶掛 短冊台表具

    昨年春から始めた京表具教室。コロナ騒動で、4人のモニタークラスのみ…

  3. BLOG / 京表具教室 横被(おうひ)

    BlOG / 京表具教室もちろん手の消毒窓は全開、…

最近の記事

PAGE TOP