BLOG/別れた2人からの相談


「戊申(つちのえ さる)」115年前のカップル。


どこへ行くにもいつも2人でピッタリ寄り添い、お互いを見つめ合っていたのに


そら、長年一緒にいたらどこなと綻びるわな。もともと紙一重で繋がってた間柄やしね。


しかも、一からやり直すにはお金が無いて!?


もとの仲良しに戻してという難しいご相談を受け


切れた屏風の紙蝶番を繋げ直しましたとさ。

BLOG/タイムカプセル 小野田清吉くん

BLOG/自分で表装 on パネル

関連記事

  1. BLOG/京手描友禅 on petit 屏風

    過日京都手描友禅協同組合青年会さんの講習会にご招待いただきました。…

  2. BLOG/カラスにえさをやる人

    さあ、パンでもお食べ。「ぎょうさん撒いてくれんるで…

  3. BLOG / ひび割れた大地

    長年お座敷を見守ってきた絵。画家だった曾祖父さまが描かれた…

  4. BLOG/自信と責任と誇り

    屏風の修復をご依頼いただきました。縁を外すと明治25年4月23日と…

  5. “I’m hinge”

    “I’m hinge”「私が蝶番です。」デザイナーの山崎正人さんが…

  6. BLOG/虐待を受けた猫!?

    「いえいえ、飼い主さんは大切にしてくださいましたよ。」でも…

  7. 仕事/WORKS 屏風

    「屏風」「風(かぜ)を屏(ふせぐ)」は、単なる風除けでなく…

  8. BLOG/お茶屋さんの内緒ばなし

    「ここでは言えしまへんけど、政(まつりごと)やお商売、色恋のお話も…

PAGE TOP