BLOG / むこう向きうさぎ

BlOG / 襖

お〜い、どっち向いてんの?

え、違う?

あっち向き?

こっち向きかいな。

ところで、何かの模様のようですね?

わかった、うさぎや!

て、後ろ向いてるやん?

これでいいのよ。

だって、「むこう向きうさぎ」という伝統的な京からかみの紋様だから。

京からかみは版画のように版木で模様をつける襖紙です。

越前手漉き鳥の子雲肌紙/水色にキラ(雲母という鉱物を摺りつぶしたもの)で

「むこう向きうさぎ」の文様を摺った襖紙。

キラ摺りは、照明のなかった時代に蝋燭の灯りでキラキラ輝いたそうです。

BLOG / 壁に和紙を張る 2

BLOG/東寺の縁日

関連記事

  1. BLOG/新時代の工芸2021

    「京都市伝統産業つくり手支援事業」のご支援をいただいた「いまどこ」。…

  2. BLOG/タイムカプセル 襖の下張

    なになに?「明治6年5月6日午前1時過ぎに皇居が炎上し、聖…

  3. BLOG/いまどこ ハロウィン

    季節をかざるpetit床の間 いまどこ @京町家の旅館、東籬さん。…

  4. BLOG/カラスにえさをやる人

    さあ、パンでもお食べ。「ぎょうさん撒いてくれんるで…

  5. BLOG/自信と責任と誇り

    屏風の修復をご依頼いただきました。縁を外すと明治25年4月23日と…

  6. BLOG/京表具実習@大原和服専門学園

    和服全般に携わる人材を育成する、100年の歴史ある大原和服専門学園(奈良市…

  7. BLOG/魔法のランプ

    大正時代の襖についていた引手です。経年変化で色があせ、汚れ…

  8. BLOG/誰が袖(たかそで)屏風

    お子さんのお宮参りの着物を解いた反物です。記念に屏風として残してお…

PAGE TOP