BLOG / むこう向きうさぎ

BlOG / 襖

お〜い、どっち向いてんの?

え、違う?

あっち向き?

こっち向きかいな。

ところで、何かの模様のようですね?

わかった、うさぎや!

て、後ろ向いてるやん?

これでいいのよ。

だって、「むこう向きうさぎ」という伝統的な京からかみの紋様だから。

京からかみは版画のように版木で模様をつける襖紙です。

越前手漉き鳥の子雲肌紙/水色にキラ(雲母という鉱物を摺りつぶしたもの)で

「むこう向きうさぎ」の文様を摺った襖紙。

キラ摺りは、照明のなかった時代に蝋燭の灯りでキラキラ輝いたそうです。

BLOG / 壁に和紙を張る 2

BLOG/東寺の縁日

関連記事

  1. BLOG / ひび割れた大地

    長年お座敷を見守ってきた絵。画家だった曾祖父さまが描かれた…

  2. BLOG / 京表具教室 横被(おうひ)

    BlOG / 京表具教室もちろん手の消毒窓は全開、…

  3. BLOG/魔法のランプ

    大正時代の襖についていた引手です。経年変化で色があせ、汚れ…

  4. BLOG/京表具教室 茶掛 短冊台表具

    昨年春から始めた京表具教室。コロナ騒動で、4人のモニタークラスのみ…

  5. BLOG / 障子・あかり

    BlOG / 障子・あかり楮(こうぞ)和紙を広げて、と。…

  6. BLOG/誰が袖(たかそで)屏風

    お子さんのお宮参りの着物を解いた反物です。記念に屏風として残してお…

  7. 算数

    (「お客様の書作品」+ 「水彩の図案」+「…

  8. BLOG/東寺の縁日

    京都の東寺では毎月21日に市が開かれ「弘法さん」と呼ばれ多…

最近の記事

PAGE TOP