BLOG/むかし男ありけり

桃山時代、京都のどこか。

何やら忙しそうにお仕事されておられますね。


紙に刷毛で糊を塗っておられるのかな?

手前の方は包丁で重ねた和紙を切っているところですか。

棚には折本や巻物、裂地や和紙などの材料も見えるね。

床の間らしきところには襖や障子、掛けてあるのは短冊ですね。

25種のさまざまな職人の働く姿を描いた『職人尽絵』は、

近世初期の狩野吉信の代表的。

桃山時代の京都あたりの職人を描いたものといわれ、

大先輩の「表具師」さんも生き生きと描かれています。

その技術が、現代の表具師さんに受け継がれているんですね。

ほら、ぽっちゃりした職人さんも誰かによく似ている、

むかし男ありけり。

BLOG/◯△□

BLOG / 京表具教室 横被(おうひ)

関連記事

  1. BLOG/いまどこ 如月 

    裏庭にうぐいすが来ています。「梅にうぐいす」は定番の取り合…

  2. BLOG/京表具教室 茶掛 短冊台表具

    昨年春から始めた京表具教室。コロナ騒動で、4人のモニタークラスのみ…

  3. BLOG/屏風 雑誌掲載していただきました。 

    WEB雑誌に掲載していただきました。チルチンびと 日本の美邸…

  4. BLOG/いまどこ 水無月

    季節をかざるpetit床の間 いまどこ水無月はかずみさんの…

  5. BLOG/新時代の工芸2021

    「京都市伝統産業つくり手支援事業」のご支援をいただいた「いまどこ」。…

  6. BLOG/自信と責任と誇り

    屏風の修復をご依頼いただきました。縁を外すと明治25年4月23日と…

  7. BLOG/和綴じ本

    古い絞りの着物「春 」「夏」「 秋 」「冬」「 心」…

最近の記事

PAGE TOP