BLOG/愛染め


お客さまが麻に染められた藍染。「水の流れ」がテーマの4枚の作品です。

タペストリーにというご希望でしたが、

拝見した瞬間に屏風のイメージが湧き、お客さまにお薦めしました。

麻を折りたたみ、藍に染める頻度を変えることで現れた直線的な濃淡は

山深い渓谷の力強い瀧のようです。

力強さを艶消しの黒漆の縁に、パール(艶消しの銀)の隅金物で引き締めます。

裏張りは富山城端の松井機業さんに特別に染めていただいた、墨染め色の絹絓織物で

表の縦ライン対して玉糸の横ラインを活かします。

見当にはアクセントに赤銅の銀杏型の襖引手を付けました。

作品をよりカッコ良く魅せるイメージ通りの作品ができ、お客さまに喜んで頂ける。

表具師としてこの上ない幸せです。
ありがとうございます。

BLOG/和菓子 in いまどこ

BLOG/いまどこ の庭

関連記事

  1. BLOG/別れた2人からの相談

    「戊申(つちのえ さる)」115年前のカップル。どこへ行く…

  2. BLOG/思い出の帯 本間四曲帯地貼交屏風

    「お気に入りは、白地に水色の帯。6月、水が恋しくなった頃からお茶会に行くの…

  3. BLOG/威嚇する虎

    江戸時代の本間6曲『虎図屏風』です。踏ん張った後ろ脚の力強…

  4. BLOG/対峙する龍

    雲間の深い闇の奥ゆき。闇からのぞく胴体のうねり。も…

  5. BLOG/タイムカプセル 小野田清吉くん

    小野田清吉くん、か。岩手県の地理を勉強しているので、東北の…

  6. BLOG/先生のお茶会 

    版画家の池垣タダヒコ先生からエッチングの作品を風炉先(ふろさき)屏…

  7. 仕事/WORKS 屏風

    「屏風」「風(かぜ)を屏(ふせぐ)」は、単なる風除けでなく…

  8. BLOG/東寺の縁日

    京都の東寺では毎月21日に市が開かれ「弘法さん」と呼ばれ多…

PAGE TOP