BLOG/京表具実習@大原和服専門学園

和服全般に携わる人材を育成する、100年の歴史ある大原和服専門学園(奈良市)。

意匠から染め、縫いまで、即戦力の卒業生は京都をはじめ全国でご活躍です。

この日は講師をされているデザイナーの山崎正人さんの紹介で、「エクステンション授業 伝統工芸を知る」の講師としてお

声かけいただきました。

京表具の歴史や特徴など概論の座学と、ワークショップでミニ屏風を制作。

和裁を習うだけあって、手先が器用で手際よく作業がすすみます。

それぞれがデザインした着物の図案を「誰が袖」屏風に仕立てます。

斬新なデザインの着物。

学生さんは遠く九州や中部地方から、寮生活で学んでおられます。

お祭りなどで着物を着て小さい頃から着物が好きになり、和裁の道を志した人が多く、

学園での学びを楽しんでいる様子。

厳しいと言われる和装業界ですが、若い人の志に希望を感じる1日でした。

今後の皆さんの

BLOG/いまどこ 長月 月見の酒

BLOG/いまどこ ハロウィン

関連記事

  1. BLOG/いまどこ @富山高岡

    表具教室の生徒さんがループ展に出品さています。お庭の菊。…

  2. BLOG/いまどこ 卯月

    季節を飾るプチ床の間 いまどこ。卯月は上賀茂神社の八重桜をバックに…

  3. BLOG/誰が袖(たかそで)屏風

    お子さんのお宮参りの着物を解いた反物です。記念に屏風として残してお…

  4. BLOG/書×タイシルク×屏風

    米国人のJIM THOMPSONが育てあげた手織りのタイシルクは、…

  5. BLOG/屏風 雑誌掲載していただきました。 

    WEB雑誌に掲載していただきました。チルチンびと 日本の美邸…

  6. BLOG / 京表具教室 横被(おうひ)

    BlOG / 京表具教室もちろん手の消毒窓は全開、…

  7. BLOG / ひび割れた大地

    長年お座敷を見守ってきた絵。画家だった曾祖父さまが描かれた…

  8. BLOG/いまどこ 皐月

    季節をかざるプチ床の間 いまどこ。皐月の床かざりは、大将人形の「か…

最近の記事

PAGE TOP