BLOG/いまどこ 葉月

季節をかざるpetit床の間 いまどこ

葉月は、かずみさんの書、庭に咲くひまわりと晩夏の季語、空蝉。

こう長雨がつづくと、季節感が出ないなあ。

焼けつくような『陽』はどこへ行ったのやら。

新作の組子デザイン、『あさがお輪違い』

昔のデザインて素敵です。

季節をかざるpetit床の間 いまどこ (あさがお輪違い 絓絹 緑/納戸色)

BLOG/算数

BLOG/いまどこ ゆく夏

関連記事

  1. BLOG/◯△□

    「◯△□」は天保時代の仙厓(せんがい)禅師の書。一説には森…

  2. BLOG/東寺の縁日

    京都の東寺では毎月21日に市が開かれ「弘法さん」と呼ばれ多…

  3. お正月 in いまどこ@仙台

    季節を飾るpetit 床の間 いまどこお正月 in いまどこ@仙台…

  4. BLOG/タイムカプセル

    日本古来の和釘。墨で書かれた印。使…

  5. BLOG/いまどこ 弥生

    いまどこ 弥生の床飾りは、セラミック人形作家、増田妃都峰先生のお雛さんを飾…

  6. BLOG/新時代の工芸2021

    「京都市伝統産業つくり手支援事業」のご支援をいただいた「いまどこ」。…

  7. ONLYLOVERADIO 出演

    FM KYOUTO @ステーション “ONLYLOVERADIO “に出演…

  8. BLOG / 障子・あかり

    BlOG / 障子・あかり楮(こうぞ)和紙を広げて、と。…

PAGE TOP