BLOG/いまどこ 葉月

季節をかざるpetit床の間 いまどこ

葉月は、かずみさんの書、庭に咲くひまわりと晩夏の季語、空蝉。

こう長雨がつづくと、季節感が出ないなあ。

焼けつくような『陽』はどこへ行ったのやら。

新作の組子デザイン、『あさがお輪違い』

昔のデザインて素敵です。

季節をかざるpetit床の間 いまどこ (あさがお輪違い 絓絹 緑/納戸色)

BLOG/算数

BLOG/いまどこ ゆく夏

関連記事

  1. BLOG / 京表具教室 横被(おうひ)

    BlOG / 京表具教室もちろん手の消毒窓は全開、…

  2. BLOG/いまどこ 弥生

    いまどこ 弥生の床飾りは、セラミック人形作家、増田妃都峰先生のお雛さんを飾…

  3. BLOG/◯△□

    「◯△□」は天保時代の仙厓(せんがい)禅師の書。一説には森…

  4. BlOG / 壁に和紙を張る

    BlOG / 壁装45cm×30cmに切った(こうぞ)紙の周りだけ…

  5. BLOG/書×タイシルク×屏風

    米国人のJIM THOMPSONが育てあげた手織りのタイシルクは、…

  6. BLOG/自信と責任と誇り

    屏風の修復をご依頼いただきました。縁を外すと明治25年4月23日と…

  7. BLOG/いまどこ Xmas

    表具教室の生徒さんが飾ってくださいました。床の間にXmas…

  8. BLOG/算数

    (「お客様の書作品」+ 「水彩の図案」+「…

最近の記事

PAGE TOP