BLOG/いまどこ 葉月

季節をかざるpetit床の間 いまどこ

葉月は、かずみさんの書、庭に咲くひまわりと晩夏の季語、空蝉。

こう長雨がつづくと、季節感が出ないなあ。

焼けつくような『陽』はどこへ行ったのやら。

新作の組子デザイン、『あさがお輪違い』

昔のデザインて素敵です。

季節をかざるpetit床の間 いまどこ (あさがお輪違い 絓絹 緑/納戸色)

BLOG/算数

BLOG/いまどこ ゆく夏

関連記事

  1. BLOG/いまどこ 弥生

    いまどこ 弥生の床飾りは、セラミック人形作家、増田妃都峰先生のお雛さんを飾…

  2. BLOG / むこう向きうさぎ

    BlOG / 襖お〜い、どっち向いてんの?え、違う…

  3. BLOG/和綴じ本

    古い絞りの着物「春 」「夏」「 秋 」「冬」「 心」…

  4. BLOG/京表具教室 茶掛 短冊台表具

    昨年春から始めた京表具教室。コロナ騒動で、4人のモニタークラスのみ…

  5. BLOG/先生のお茶会 

    版画家の池垣タダヒコ先生からエッチングの作品を風炉先(ふろさき)屏…

  6. BLOG / ひび割れた大地

    長年お座敷を見守ってきた絵。画家だった曾祖父さまが描かれた…

  7. BLOG/いまどこ ゆく夏

    季節をかざる petit床の間 いまどこ(あさがお輪違い 絓絹 緑…

  8. BLOG/自信と責任と誇り

    屏風の修復をご依頼いただきました。縁を外すと明治25年4月23日と…

最近の記事

PAGE TOP