BLOG/いまどこ 卯月

季節を飾るプチ床の間 いまどこ。

卯月は上賀茂神社の八重桜をバックに

かずみさんの書と

江戸時代後期の歌人であり陶芸家でもある太田垣蓮月の器で

夜桜花見の宴を演出しました。

毎年開いていたお花見。

来年こそはみんなで集まれるといいなぁ。

BLOG/屏風 雑誌掲載していただきました。 

BLOG/威嚇する虎

関連記事

  1. BLOG/京表具実習@大原和服専門学園

    和服全般に携わる人材を育成する、100年の歴史ある大原和服専門学園(奈良市…

  2. BlOG / 壁に和紙を張る

    BlOG / 壁装45cm×30cmに切った(こうぞ)紙の周りだけ…

  3. BLOG/タイムカプセル 襖の下張

    なになに?「明治6年5月6日午前1時過ぎに皇居が炎上し、聖…

  4. BLOG/いまどこ 葉月

    季節をかざるpetit床の間 いまどこ葉月は、かずみさんの…

  5. BLOG/東寺の縁日

    京都の東寺では毎月21日に市が開かれ「弘法さん」と呼ばれ多…

  6. BLOG / 障子・あかり

    BlOG / 障子・あかり楮(こうぞ)和紙を広げて、と。…

  7. お正月 in いまどこ@仙台

    季節を飾るpetit 床の間 いまどこお正月 in いまどこ@仙台…

  8. BLOG / ひび割れた大地

    長年お座敷を見守ってきた絵。画家だった曾祖父さまが描かれた…

PAGE TOP