BLOG/受け継ぐ

江戸時代の国学者で歌人の

賀茂真淵(かものまぶち)の和歌です。

長年の巻きぐせによりシワがより、ひどく折れています。

折れのひどいところは本紙の表面が欠落して、

裏打ちの紙が白く見えます。

古い裂地を外して、書の裏側に幾重にも張られた和紙をめくりながら

この掛軸を仕立てた江戸時代の大先輩の表具師さんに

思いをめぐらせます。

そして、シワや折れを補修し、また新たに和紙を張り重ね

新しい絹を着せて

また何年も長持ちするよう掛軸に仕立て直します。

後の世に、この掛軸を修理するだろう後輩表具師さんは

どんな表具師さんだろうと思いをめぐらせながら。

形や寸法は以前と同じに仕立て、時代感を出すためにくすんだ 金襴と、

こげ茶の絓絹で取り合わせました。

表具師さんは、

僕がどんな表具師だったのかと想像してくれるかな。

BLOG/表具教室 横被 2

BLOG/書×タイシルク×屏風

関連記事

  1. BLOG/いまどこ @富山高岡

    表具教室の生徒さんがループ展に出品さています。お庭の菊。…

  2. BLOG/いまどこ 皐月

    季節をかざるプチ床の間 いまどこ。皐月の床かざりは、大将人形の「か…

  3. BLOG/東寺の縁日

    京都の東寺では毎月21日に市が開かれ「弘法さん」と呼ばれ多…

  4. BLOG / 横被(おうひ)

    BlOG / 額ほとんど作る機会はないのですが、縦…

  5. BLOG/いまどこ 卯月

    季節を飾るプチ床の間 いまどこ。卯月は上賀茂神社の八重桜をバックに…

  6. BLOG / 壁に和紙を張る 2

    楮(こうぞ)紙という和紙をちぎるとヒゲが現れます。ヒゲの一本一本が…

  7. BLOG/算数

    (「お客様の書作品」+ 「水彩の図案」+「…

  8. お茶屋さんの内緒ばなし

    「ここでは言えしまへんけど、政(まつりごと)やお商売、色恋のお話も…

最近の記事

PAGE TOP