BLOG/和菓子 in いまどこ

和菓子教室 四季 凛久庵さんがいまどこに和菓子をかざってくださいました。

ういろう製の「唐衣」という杜若を表現する茶の湯菓子です。

兜の掛軸とちりめんの杜若の床飾り。

裏からの灯りで麻の葉模様も綺麗です。

いまどこに和菓子を飾っていただけるとは思ってもいなかったのですが

味わうだけでなく名前も姿も色合いも季節を感じさせるおもてなし。

“季節を飾る”いまどこのテーマにぴったりです。

お菓子を引き立てるステージとしてお役に立てて嬉しいです。

ありがとうございます。

BLOG/京手描友禅 on petit 屏風

BLOG/愛染め

関連記事

  1. BLOG/いまどこ 神奈月

    秋なすonいまどこどういうわけか、今ごろたくさん実をつけて…

  2. BLOG/いまどこ 和すれども流されず

    表具教室の生徒さんで、書家の掘翠恵さんの作品。「和すれども流されず…

  3. BLOG/いまどこ 如月 

    裏庭にうぐいすが来ています。「梅にうぐいす」は定番の取り合…

  4. BLOG/いまどこ 弥生

    いまどこ 弥生の床飾りは、セラミック人形作家、増田妃都峰先生のお雛さんを飾…

  5. BLOG/いまどこ ハロウィン

    季節をかざるpetit床の間 いまどこ @京町家の旅館、東籬さん。…

  6. BLOG/いまどこ with 仏画

    書家で仏画も描かれる木村栖翠さんのいまどこ飾り。京表具教室…

  7. Xmas in いまどこ

    おうちエステ「心笑(ここへ)おいで」のオーナーさんのXmas in…

  8. BLOG/いまどこ 長月 月見の酒

    季節をかざるpetit床の間 いまどこ長月は伝統的建造物群…

最近の記事

PAGE TOP