BLOG/和菓子 in いまどこ

和菓子教室 四季 凛久庵さんがいまどこに和菓子をかざってくださいました。

ういろう製の「唐衣」という杜若を表現する茶の湯菓子です。

兜の掛軸とちりめんの杜若の床飾り。

裏からの灯りで麻の葉模様も綺麗です。

いまどこに和菓子を飾っていただけるとは思ってもいなかったのですが

味わうだけでなく名前も姿も色合いも季節を感じさせるおもてなし。

“季節を飾る”いまどこのテーマにぴったりです。

お菓子を引き立てるステージとしてお役に立てて嬉しいです。

ありがとうございます。

BLOG/京手描友禅 on petit 屏風

BLOG/愛染め

関連記事

  1. お正月 in いまどこ@仙台

    季節を飾るpetit 床の間 いまどこお正月 in いまどこ@仙台…

  2. BLOG/いまどこ 神奈月

    秋なすonいまどこどういうわけか、今ごろたくさん実をつけて…

  3. BLOG/いまどこ 紅葉狩り

    「富翁」で有名な北川本家の杜氏、田島さんご夫婦が飾ってくださいました。 …

  4. BLOG/いまどこ 如月 

    裏庭にうぐいすが来ています。「梅にうぐいす」は定番の取り合…

  5. BLOG/いまどこ ハロウィン

    季節をかざるpetit床の間 いまどこ @京町家の旅館、東籬さん。…

  6. BLOG/いまどこ @富山高岡

    表具教室の生徒さんがループ展に出品さています。お庭の菊。…

  7. BLOG/いまどこ for 神棚

    天平雲の透かしがある vertical type の petir床の間 い…

  8. BLOG/いまどこ with 仏画

    書家で仏画も描かれる木村栖翠さんのいまどこ飾り。京表具教室…

PAGE TOP