BLOG/東寺の縁日

京都の東寺では毎月21日に市が開かれ

$パパの自由研究 「せみ日記」 裏庭上賀茂神社

「弘法さん」と呼ばれ多くの人で賑わいます。

$パパの自由研究 「せみ日記」 裏庭上賀茂神社

その賑わい、店の人もお客さんも活き活きと描かれています。

$パパの自由研究 「せみ日記」 裏庭上賀茂神社

これは染色作家人間国宝の稲垣稔次郎さんの「東寺の縁日」という作品です。


1.2m×1.8mの大きな藍染の作品でお客様から屏風にして欲しいとお預かりしました。


長い間箪笥に仕舞われていて染みとカビ臭がついていたので、着物の洗い屋さんに出してからの仕立てです。

$パパの自由研究 「せみ日記」 裏庭上賀茂神社

2枚折りの屏風は左右対称が基本ですが、半分にするとちょうど五重の塔が半分に切れてしまい、台無しなので左右約1対2の変わり屏風に仕立てました。

藍と合うよう縁は艶消しの漆塗りを付けます。

修復をするうえで基本は大事にしていますが、それ以上に作品の魅力を活かすことや、作品が引き立つように仕立てることを大切にしています。

$パパの自由研究 「せみ日記」 裏庭上賀茂神社

年末最後の東寺の市は終い弘法と呼ばれ、お正月の準備で一層賑やかです。

これから大掃除という方も多いと思います。掃除をして出てきた作品を屏風や掛軸にしたいなどお気軽にご相談くださいね。

BLOG / むこう向きうさぎ

BLOG / いまどこ

関連記事

  1. BLOG / 障子・あかり

    BlOG / 障子・あかり楮(こうぞ)和紙を広げて、と。…

  2. BLOG/いまどこ ハロウィン

    季節をかざるpetit床の間 いまどこ @京町家の旅館、東籬さん。…

  3. BLOG/自信と責任と誇り

    屏風の修復をご依頼いただきました。縁を外すと明治25年4月23日と…

  4. BLOG/いまどこ 弥生

    いまどこ 弥生の床飾りは、セラミック人形作家、増田妃都峰先生のお雛さんを飾…

  5. BLOG/飛花

    風細飛花相逐   風細かにして飛花相ひ逐ひ林深啼鳥時移…

  6. BLOG/受け継ぐ

    江戸時代の国学者で歌人の賀茂真淵(かものまぶち)の和歌です。…

  7. BLOG/カラスにえさをやる人

    さあ、パンでもお食べ。「ぎょうさん撒いてくれんるで…

  8. BLOG/愛染め

    お客さまが麻に染められた藍染。「水の流れ」がテーマの4枚の作品です。…

PAGE TOP