BLOG/いまどこ の庭

季節を飾る
”petit 床の間 いまどこ”

旅館東籬の女将さんが涼しげな夏を飾ってくださいました。

ガラスのおはじきとビー玉。
昼顔?のツル。


麻の葉模様の灯りがアトリウムのようです。
エアコンの効いた光の庭で微睡む、そんな夏飾りです。

西陣は北野天神近くの旅館「東籬」さんは、

築120年の京町家をリノベーションした、京都の四季が感じられる宿。

何気ないpetit な床飾りに女将さんとお宿のセンスが感じられる「いまどこ」飾りです。

ありがとうございます。

BLOG/愛染め

BLOG/京表具教室 掛軸編 中級コース

関連記事

  1. BLOG/いまどこ 心笑おいで

    エステティシャンをされている表具教室の生徒さんの作品。ご自身の書「…

  2. BLOG/いまどこ for 神棚

    天平雲の透かしがある vertical type の petir床の間 い…

  3. BLOG/和菓子 in いまどこ

    和菓子教室 四季 凛久庵さんがいまどこに和菓子をかざってくださいました。…

  4. BLOG/いまどこ 長月 月見の酒

    季節をかざるpetit床の間 いまどこ長月は伝統的建造物群…

  5. BLOG/いまどこ @富山高岡

    表具教室の生徒さんがループ展に出品さています。お庭の菊。…

  6. BLOG / いまどこ

    BlOG / NEW WAVE畳むといちょうの葉のかたち。…

  7. BLOG/いまどこ 弥生

    いまどこ 弥生の床飾りは、セラミック人形作家、増田妃都峰先生のお雛さんを飾…

  8. BLOG/いまどこ with 仏画

    書家で仏画も描かれる木村栖翠さんのいまどこ飾り。京表具教室…

PAGE TOP