BLOG/いまさら

明治初期、150年前の障子。

何度も何度も張り替えられ、夏の日差しをさえぎり、冬の寒さを防いできた。

かつて障子紙の主原料だった楮(こうぞ)は、

刈り取っても、二酸化炭素を吸収しながらまた翌年きく育つ。

近ごろ持続可能なんてブームのように言われるけど、何をいまさら。

日本では、昔からごく普通の生活様式やったのにね。

BLOG/いまどこ 心笑おいで

BLOG/いまどこ 神奈月

関連記事

  1. BLOG/◯△□

    「◯△□」は天保時代の仙厓(せんがい)禅師の書。一説には森…

  2. 仕事/WORKS 障子・あかり

    「障子・あかり」京町家では中庭に面した縁側の障子が、うなぎ…

  3. BLOG / 障子・あかり

    BlOG / 障子・あかり楮(こうぞ)和紙を広げて、と。…

最近の記事

PAGE TOP