BLOG/いまどこ 和すれども流されず

表具教室の生徒さんで、書家の掘翠恵さんの作品。

「和すれども流されず」

いまどこの曲線に、「和して流される」ような薄墨の運筆です。


表具教室で作られた掛軸、短冊代表具お茶がけの「風」とともに美しく飾っていただきました。

季節とともに、ご自分の書画など「見せたいを」をかざるいまどこです。

BLOG/いまどこ @富山高岡

BLOG/いまどこ 心笑おいで

関連記事

  1. BLOG/Xmas in いまどこ サンタさんの…

    サンタさんが集まって、最後の打ち合わせ。ギャラリーときじく…

  2. BLOG/いまどこ 長月 月見の酒

    季節をかざるpetit床の間 いまどこ長月は伝統的建造物群…

  3. BLOG/いまどこ for 神棚

    天平雲の透かしがある vertical type の petir床の間 い…

  4. BLOG/いまどこ 心笑おいで

    エステティシャンをされている表具教室の生徒さんの作品。ご自身の書「…

  5. BLOG/いまどこ 神奈月

    秋なすonいまどこどういうわけか、今ごろたくさん実をつけて…

  6. BLOG/いまどこ 錦秋@二ノ瀬駅

    叡山電鉄鞍馬線 二ノ瀬駅…

  7. BLOG/いまどこ @富山高岡

    表具教室の生徒さんがループ展に出品さています。お庭の菊。…

  8. BLOG/いまどこ Xmas

    表具教室の生徒さんが飾ってくださいました。床の間にXmas…

PAGE TOP