BLOG/いまどこ 和すれども流されず

表具教室の生徒さんで、書家の掘翠恵さんの作品。

「和すれども流されず」

いまどこの曲線に、「和して流される」ような薄墨の運筆です。


表具教室で作られた掛軸、短冊代表具お茶がけの「風」とともに美しく飾っていただきました。

季節とともに、ご自分の書画など「見せたいを」をかざるいまどこです。

BLOG/いまどこ @富山高岡

関連記事

  1. BLOG/算数

    (「お客様の書作品」+ 「水彩の図案」+「…

  2. BLOG / ひび割れた大地

    長年お座敷を見守ってきた絵。画家だった曾祖父さまが描かれた…

  3. BLOG/いまどこ 葉月

    季節をかざるpetit床の間 いまどこ葉月は、かずみさんの…

  4. BLOG/タイムカプセル

    日本古来の和釘。墨で書かれた印。使…

  5. BLOG / ひび割れた大地

    BlOG / 修理修復サンプルページ長年お座敷を見守ってきた絵。…

  6. BLOG/いまどこ @富山高岡

    表具教室の生徒さんがループ展に出品さています。お庭の菊。…

  7. BLOG / いまどこ

    BlOG / NEW WAVE畳むといちょうの葉のかたち。…

  8. BLOG/いまどこ 卯月

    季節を飾るプチ床の間 いまどこ。卯月は上賀茂神社の八重桜をバックに…

最近の記事

PAGE TOP